立正大学 教員情報     
   TOPページ   


    (最終更新日:2016-11-24 22:26:11)
  ムラタ カズヒロ   KAZUHIRO MURATA
  村田 和宏
   性別   男性
   所属   法学部 法学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
刑事訴訟法学 
■ 論文
1. 復讐の構造 (単著) 2011/03
2. 治安政策の展開と捜査の変容(七) (単著) 2009/03
3. 治安政策の展開と捜査の変容(六) (単著) 2008/09
4. 治安政策の展開と捜査の変容(五) (単著) 2008/03
5. 治安政策の展開と捜査の変容(四) (単著) 2007/10
6. 治安政策の展開と捜査の変容(三) (単著) 2006/09
7. 治安政策の展開と捜査の変容(二) (単著) 2005/03
8. 治安政策の展開と捜査の変容(一) (単著) 2004/09
9. 接見交通権と取調べの関係について (単著) 1999/09
■ 著書・その他
1. 著書  刑事法と歴史的価値とその交錯(内田博文先生古稀祝賀論文集) (共著) 2016/11
2. 著書  「市民」と刑事法〔第4版〕―わたしとあなたのための生きた刑事法入門 (共著) 2016/03
3. 著書  ベーシックマスター刑事訴訟法【第2版】 (共著) 2013/05
4. 著書  「市民」と刑事法〔第3版〕―わたしとあなたのための生きた刑事法入門 (共著) 2012/02
5. 著書  ベーシックマスター刑事訴訟法 (共著) 2009/06
6. 著書  「市民」と刑事法〔第2版〕―わたしとあなたのための生きた刑事法入門 (共著) 2008/02
7. 著書  「市民」と刑事法―わたしとあなたのための生きた刑事法入門 (共著) 2006/03
■ 学会発表
1. 2008/11/29 「復讐」の構造―犯罪被害者の手続参加の意味―(日本刑法学会九州部会)
2. 2004/04/17 治安政策の展開と捜査の変容(日本刑法学会九州部会)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~2007/03  市民的治安主義の拡大と捜査の変容に関する研究 その他の補助金・助成金 
■ 学歴・取得学位
1. 九州大学大学院 法学研究科 民刑事法学 博士課程単位取得満期退学
2. 島根大学大学院 法学研究科 法学 修士課程修了 修士(法学)
■ 所属学会
1. 1998/05~ 日本刑法学会
■ 主要授業科目
刑事訴訟法学

mail