立正大学 教員情報     
   TOPページ   


    (最終更新日:2015-08-10 17:38:30)
  スズキ タカシ   TAKASHI SUZUKI
  鈴木 隆史
   性別   男性
   所属   法学部 法学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
キーワード:養子 
■ 論文
1. 成年後見制度における身上配慮義務 (共著) 2003/03
2. 子どもの権利条約と家族法--家庭的環境において成長する権利に焦点を当てて (単著) 1995/01
3. 親権者の一方に利益相反関係ある場合における代理方法 (単著) 1995/01
4. 学会回顧[平成6年/家族法](婚姻・離婚担当)  1994/12
5. アメリカにおける家庭支援サービス (単著) 1994/05
6. 子どもの権利条約における「子どもの権利主体性」の意味-意見表明権の二様性について (単著) 1994/04
7. 子どもの権利条約における「意見表明権」-親権体系への受容について (単著) 1994/03
8. 板橋区資産活用サービス研究会報告書(資産活用ほか担当) (共著) 1994/02
9. 夫婦の居住の確保-一方的処分その他の居住妨害からの保護 (単著) 1994/02
10. 生みの親と育ての親--この古くて新しい問題 (単著) 1994/01
全件表示(35件)
■ 著書・その他
1. 著書  地球社会と地域社会をつなぐもの (共著) 2011/03
2. 著書  地域政治・行政とモラル : 市民参加を通じての日米の実践から (共著) 2010/01
3. 著書  夫婦の居住の確保  1995/06
4. 著書  現代実務書式大系・家事編  1994/11
5. 著書  裁判にみる時効・除斥・出訴期間の法律実務  1994/02
6. 著書  アメリカの子ども保護法の動向  1993/10
7. 著書  里親制度の改革と法的対応について  1993/05
8. 著書  民法法人と社会福祉法人との比較の試み-特に税制面に焦点をあてて  1993/04
9. 著書  アメリカにおける事実上の親子関係の保護-未婚の父の乳幼児との関係形成利益の保障について  1993/03
10. 著書  家族法からみた子どもの権利条約-子どもの権利の性格について  1992/11
全件表示(24件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2001~2005  子どもの保護法制 個人研究 (キーワード:親権)
■ 学歴・取得学位
1. ~1978/03 早稲田大学 法学部 卒業
2. 早稲田大学大学院 法学研究科博士後期課程 民事法学専攻 博士課程単位取得満期退学 法学修士
■ 所属学会
1. 1992/10~1995/03 International Society for Prevention of Child Abuse and Neglect
2. 1985/10~ 家族<社会と法>学会
3. 1985/10~ 日本私法学会
4. 1984/10~ 日米法学会
5. 1984/10~ 日本私法学会
■ 主要授業科目
民法(家族法)、アメリカ法(家族法)

mail