立正大学 教員情報     
   TOPページ   


    (最終更新日:2017-01-21 15:04:40)
  アライ アツシ   ATSUSHI ARAI
  新井 敦志
   性別   男性
   所属   法学部 法学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
キーワード:消滅時効、除斥期間、取得時効、リーガル・マインド、民法(財産法) 
■ 論文
1. 明示的一部請求の訴えと残部債権の消滅時効中断-最一小判平成25年6月6日を素材として- (単著) 2016/09
2. 保証人が主債務の相続を知りながらした保証債務の弁済と主債務の時効中断―最二小判平成25年9月13日を素材として― (単著) 2016/03
3. 時効が完成した債権を自働債権とする相殺における受働債権の弁済期の到来について-最一小判平成25年2月28日を素材として― (単著) 2015/03
4. 民法94条2項および110条の類推適用について―最一小判平成18年2月23日を素材として― (単著) 2014/03
5. 判例評釈 不動産の取得時効完成後、所有権移転登記がされない間に、第三者が原所有者から抵当権の設定を受けてその設定登記を了した場合における再度の取得時効完成と抵当権の消長 : 最二小判平成二四年三月一六日を素材として (単著) 2013/09
6. 消滅時効の援用の法的性質について (単著) 2012/03
7. 消滅時効制度の現在と将来―実体法的合理化の観点から― (単著) 2011/03
8. 人権保障規定の私人間効力について―リーガル・マインドに関する覚書・その4― (単著) 2010/09
9. 消滅時効準則に関する一考察(2)―消滅時効制度の実体法的合理化の観点から― (単著) 2010/03
10. 法学・法学教育・リーガル・マインド―高嶋平蔵博士の論稿に示唆を受けて― (単著) 2010/03
全件表示(35件)
■ 著書・その他
1. 著書  基本法コンメンタール民法総則[第6版] (共著) 2012/04
2. 著書  解説 新・条文にない民法 (共著) 2010/12
3. 著書  権利消滅期間の研究 (共著) 2006/03
4. 著書  確認 民法用語300 (共著) 2004/10
5. 著書  新版・解説 条文にない民法 (共著) 2004/09
6. 著書  解説 条文にない民法(分担執筆) (共著) 2002/03
7. 著書  基本法コンメンタール民法総則[第5版](分担執筆) (共著) 2000/07
8. 著書  裁判にみる時効・除斥・出訴期間事例集(分担執筆) (共著) 1994/02
9. 著書  改正借地借家法早わかり(分担執筆) (共著) 1991/11
10. その他 書評:松本克美『続・時効と正義―消滅時効・除斥期間論の新たな展開』 (単著) 2013/10
全件表示(14件)
■ 社会における活動
1. 2011/02 埼玉県行政書士会熊谷支部業務研修会(平成22年度第2回)講師
2. 2010/12~2011/01 埼玉県農業協同組合中央会講習所(第85回)の講師(民法)を担当
3. 2008/08~ 熊谷市入札適正化委員会委員
4. 2004/11 一般市民を対象とした「平成16年度立正大学法学部公開講座」の講師を担当
5. 2004/09 熊谷市中央公民館「平成16年度暮らしの中の民法教室」講師を担当
6. 2004/04~2004/06 埼玉県農業協同組合中央会講習所での講習(第77回)の講師(民法)を担当
7. 2003/10 一般市民を対象とした「平成15年度立正大学法学部公開講座」の講師を担当
■ 学歴・取得学位
1. 1987/04~1993/03 早稲田大学大学院 法学研究科博士後期課程 民事法学 博士課程単位取得満期退学
2. 1984/04~1987/03 早稲田大学大学院 法学研究科 民事法学 修士課程修了 法学修士
3. 1980/04~1984/03 早稲田大学 法学部 卒業 法学士
■ 所属学会
1. 日本私法学会
■ 主要授業科目
民法総則

mail