立正大学 教員情報     
   TOPページ   


    (最終更新日:2017-10-11 22:51:03)
  ハヤカワ マコト   MAKOTO HAYAKAWA
  早川 誠
   性別   男性
   所属   法学部 法学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
現代政治理論一般 (キーワード:現代政治理論、多文化主義、熟議民主主義、正戦論、多元主義、 ポストモダニズム、民主主義論) 
■ 論文
1. 石橋湛山の議会制論とジャーナリズム論 (単著) 2016/08 Link
2. 公職追放解除後の石橋湛山-教育者としての軌跡を中心に-(上) (単著) 2016/03 Link
3. (書評論文)熟議は立法府を救えるか?―『立法学のフロンティア』と政治哲学との間で (単著) 2015/06 Link
4. 代表制民主主義から見た選挙とジャーナリズムのあり方 (単著) 2015/04 Link
5. 石橋湛山と現実主義 ―立正大学の視点から― (単著) 2012/12
6. 熟議デモクラシーとグローバル化の諸側面 (単著) 2009/04
7. 結社と民主政治―アソシエーションから政治は生まれるのか― (単著) 2008/06
8. 討議デモクラシーの源泉と射程-日米比較の視点から- (単著) 2006/03
9. 分権時代における地方議会の役割-日米の議論の動向を背景に- (単著) 2006/03
10. 日本の政治文化における合理性と科学 (単著) 2004/03
全件表示(17件)
■ 著書・その他
1. 著書  『西洋政治思想資料集』 (共著) 2014/09 Link
2. 著書  『代表制という思想』 (単著) 2014/06 Link
3. 著書  『岩波講座政治哲学4 国家と社会』 (共著) 2014/02 Link
4. 著書  『政治学』 (共著) 2012/07 Link
5. 著書  『現代政治理論 新版』 (共著) 2012/03 Link
6. 著書  『世界政治叢書10 世界政治を読み解く』 (共著) 2011/12 Link
7. 著書  『政治の発見4 つながる 社会的紐帯と政治学』 (共著) 2010/10 Link
8. 著書  『地域政治・行政とモラル 市民参加を通じての日米の実践から』 (共著) 2010/01 Link
9. 著書  ダール『政治的平等とは何か』 (共著) 2009/05 Link
10. 著書  『はじめて学ぶ政治学 古典・名著への誘い』 (共著) 2008/03 Link
全件表示(39件)
■ 学会発表
1. 2017/09/23 「難民危機と多文化主義―理論と事例」コメンテーター(日本政治学会)
2. 2014/12/20 『立法学のフロンティア』書評 ~政治理論の視点から~(東京法哲学研究会)
3. 2013/09/15 「代表制の政治思想」コメンテーター(日本政治学会)
4. 2013/09/15 「多様化する多文化主義」司会(日本政治学会)
5. 2012/05/27 「討議(熟議)デモクラシーと議会」コメンテーター(政治思想学会)
6. 2012/05/19 石橋湛山と現実主義(日本金融学会)
7. 2008/10/12 「多文化主義の政治学」コメンテーター(日本政治学会)
8. 2007/10/07 「専門性の政治学」コメンテーター(日本政治学会)
9. 2007/10/06 結社と民主政治(日本政治学会)
10. 2006/07/13 Deliberation and Diversity in Different Society(International Political Science Association)
全件表示(11件)
■ 受賞学術賞
1. 2013/03 立正大学蘊奥褒賞
■ 社会における活動
1. 2017/10~ 日本学術会議連携会員 Link
2. 2017/06~ 総合研究開発機構客員研究員 Link
3. 2017/03~ 品川区総合戦略推進委員会(委員長) Link
4. 2015/09~2015/12 世田谷市民大学講師
5. 2015/08~2015/12 品川区総合戦略策定委員会(委員長) Link
6. 2015/05~2016/08 総合研究開発機構客員研究員 Link
7. 2011/07~2011/08 品川区行政評価委員会(副委員長)
8. 2007/06~2008/01 品川区基本構想等策定委員会
■ 講師・講演
1. 2017/05 民主主義は代表制を駆逐できるか-不安定な同盟関係について(関西大学千里山キャンパス) Link
2. 2015/09 石橋湛山 平和への願いと行動(日蓮宗宗務院(東京都大田区))
3. 2015/06 格差社会と日本政治 -ピケティ・ブームが問いかけたこと(熊谷キャンパス)
4. 2014/02 議会改革の根底にあるもの~福沢諭吉からの宿題~(品川区役所) Link
5. 2013/09 市民参加の新しい試み 市民は地方政治にどのように参加すればよいのか
6. 2013/04 現代から見る石橋湛山(池上本門寺日蓮宗宗務院)
7. 2005/09 分権時代における議会の役割(品川区役所)
8. 2003/08 Rationality and Science in Japanese Political Culture(Dunedin, New Zealand)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/02~2019/09  「難民危機」の時代におけるレイシズムの変容とその克服策に関する国際比較研究 日本学術振興会グローバル展開プログラム 
2. 2014/04~2018/03  多文化共生社会の変容と新しい労働政策・宗教政策・司法政策に関する国際比較研究 基盤研究(A) 
3. 2012/04~2016/03  グローバル・シティーの変容と「新しい公共空間」の形成に関する国際的比較研究 基盤研究(B) 
4. 2009/04~2011/03  グローバル・シティの形成と展開に関する国際的比較研究 基盤研究(B) 
5. 2008/04~2010/03  多文化共生社会の福祉政策・教育政策・人権政策に関する国際的比較研究 基盤研究(B) 
6. 2007/04~2010/03  自治体議会における討議民主主義の現状と展望 基盤(C) 
7. 2007/04~2009/03  現代における国家・社会関係 基盤(C) 
8. 2004/04~2008/03  文化的少数派の権利擁護論に関する国際的比較研究 基盤(B) 
9. 2002  討議デモクラシーとラディカル・デモクラシー―新しいデモクラシー論の動向― 個人研究 (キーワード:討議デモクラシー、熟議デモクラシー、ラディカル・デモクラシー、市民社会論)
■ 学歴・取得学位
1. 1994/04~1997/03 東京大学大学院 法学政治学研究科 政治 博士課程修了 博士(法学)
2. 1992/04~1994/03 東京大学 法学政治学研究科 修士課程修了 修士(法学)
3. 1987/04~1992/03 東京大学 法学部 公法 卒業 法学士
■ 所属学会
1. 2013/12~ 石橋湛山研究学会
2. 2013/12~ ∟ 世話人
3. 1996/04~ 日本政治学会
4. 2015/01~2015/12 ∟ 文献委員会委員
5. 1994/05~ 日本政治思想学会
6. 2016/05~ ∟ 理事
7. 2006/07~2007/03 世界政治学会
8. 2004/08~ アメリカ政治学会
■ 主要授業科目
政治学原論

mail