立正大学 教員情報     
   TOPページ   


    (最終更新日:2017-08-01 23:36:14)
  ムラタ ジュンイチ   JUNICHI MURATA
  村田 純一
   性別   男性
   所属   文学部 哲学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
哲学・倫理学 (キーワード:現象学・科学哲学) 
■ 論文
1. 感覚とは何か:生態学的現象学の観点から (単著) 2017/03
2. 作られたものから作るものへ――西田幾多郎における技術・科学・宗教 (単著) 2016/12
3. What can we learn from Fukkushima? The mult-Dimensionality of Technology (単著) 2015/12
4. 技術と環境-福島第一原子力発電所事故からの教訓- (単著) 2015/03
5. 痛み体験のパラドックス (単著) 2015
6. 技術の創造性-西田幾多郎と技術の哲学 (単著) 2014/07
7. 世界内存在としての意識:志向性の哲学と現象学 (単著) 2014/03
8. 照明の現象学―メルロ=ポンティ『目と精神』における視覚の存在論 (単著) 2013/07
9. A free-will problem in contemporary sciences : A view from applied phenomenology (単著) 2011
10. 因果の経験-志向性と因果性 (単著) 2011
全件表示(26件)
■ 著書・その他
1. 著書  楽しむ (共著) 2017/03
2. 著書  実在論を立て直す (共著) 2016/06
3. 著書  Technoscience and Postphenomenology, The Manhattan Papers, eds, by J.K.B O. Friis and R. P. Crease (共著) 2015/10
4. 著書  哲学、はじめの一歩 (共著) 2015/08
5. 著書  現象学事典 = Phänomenologie 縮刷版 (共著) 2014/06
6. 著書  技術への問い (共著) 2013/11
7. 著書  技術-身体を取り囲む人工環境(知の生態学的転回 第2巻) (共著) 2013/07
8. 著書  The Oxford Handbook of Contemporary Phenomenology (共著) 2012/12
9. 著書  Phenomenology and Human Experience (共著) 2012/09
10. 著書  科学技術への問い―ハイデッガー研究会第三論集 (共著) 2012/07
全件表示(35件)
■ 学会発表
1. 2017/04/22 知覚経験のmultimodality――感覚とは何か(カントアーベント)
2. 2016/05/06 Murata, Junichi, “What are senses and sense modalities?---From the viewpoint of an ecological phenomenology”(international congress, Embodiment. Phenomenology East/West)
3. 2015/06/06 作られたものから作るものへーー西田幾多郎における技術・科学・宗教(西田・田辺記念会)
4. 2014/12/08 Everydayness, modernity, and the meaning of life(OPO (Organization of phenomenological organizations) V)
5. 2014/10/25 痛み体験のパラドックス(東北哲学会)
6. 2014/05/21 The paradox of pain experiences(The 6th meeting of PEACE (Phenomenology for East-Asian Circle) conference)
7. 2014/01/06 The Multi-dimensionality of Technology: Lessons from Fukushima(International conference: Bounds of Ethics in a Globalized World)
8. 2013/10/24 Technology and the environment: Lessons from Fukushima(52nd Meeting of the Society for Phenomenology and Existential Philosophy (SPEP))
9. 2013/08/06 What can we learn from FUKUSHIMA: The multi-dimensionality of technology(The Symposium Technology and Environment, in World Congress of Philosophy)
10. 2013/07/21 技術の創造性:西田幾多郎と技術の哲学(西田哲学会第11回年次大会)
全件表示(11件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~  科学と宗教ーー日本哲学の観点から 基盤研究(C) 
2. 2013/04~2016/03  現代における自由意志の問題-理論と実践の統一を目指して 基盤研究(C) 
3. 2009/04~2013/03  生態学的現象学の技術哲学的展開――生態学的に優れた人工環境の構築に向けて 基盤研究(B) (キーワード:アフォーダンス、技術哲学、知覚、建築、ユニバーサルデザイン、運動)
■ 学歴・取得学位
1. 1974/04~1980/03 東京大学大学院 理学系研究科博士課程 科学史・科学基礎論専攻 博士課程単位取得満期退学
2. 1972/04~1974/03 東京大学大学院 理学系研究科 科学史・科学基礎論 修士課程修了 理学修士
■ 所属学会
1. 日本哲学会
2. ∟ 評議委員
3. 2012/05~2013/05 ∟ 「男女共同参画・若手研究者支援ワーキンググループ」の座長
4. 2012/05~2013/05 ∟ 理事
5. 日本科学哲学会
6. 2012/10~ ∟ 評議委員
7. 日本現象学会
8. ∟ 委員
■ 主要授業科目
基礎演習、現代哲学の諸相、哲学演習(学部)、上級演習、哲学演習(大学院)、哲学特殊研究

mail